上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月 新制限

禁止
《氷結界の龍 ブリューナク》
《未来融合-フューチャー・フュージョン》

制限
《甲虫装機 ダンセル》
《甲虫装機 ホーネット》
《イビリチュア・ガストクラーケ》
《カオス・ソーサラー》
《スポーア》
《発条空母ゼンマイティ》
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《月読命》
《血の代償》

準制限
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《名推理》
《ヒーローアライブ》
《召集の聖刻印》
《強欲で謙虚な壺》
《E-エマージェンシーコール》
《レスキューラビット》
《BF-月影のカルート》
《デブリ・ドラゴン》
《神秘の代行者 アース》
《魔界発現世行きデスガイド》

制限解除
《ネクロ・ガードナー》
《マシュマロン》
《緊急テレポート》
《デステニー・ドロー》
《光の護封剣》
《レベル制限B地区》
《魔法の筒》


とまあフラゲきたわけなんですがとりあえず一言









虫逝ったあああああああああやったあああああぁぁぁぁああああぁぁあぁあああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!




いやー、やっと終わりましたね。長きにわたる害虫処理が。これでメインヴェーラーの風潮が抑制されるとドラグとしては非常に嬉しい限りなので二重の意味で嬉しいですね。

今回の改訂は現環境で環境に出ていたデッキのパーツに軒並み何らかのテコ入れが行われた形になりました。

虫のメインパーツの制限化、ラギア系のラビット、聖刻はレダメを失ったことでグスタフからのワンキルが事実上不可能に。

聖刻リチュアもゼンマイハンデスもガスクラ、マイティ制限で事実上構築不可能に。

ガジェは代償がやっぱり制限に戻ってきましたね。

アライブHEROやカオスドラゴンで悪さをしていた未来融合禁止。

HEROはエマコとアライブが準になり久しぶりの弱体化ですね。


ここまで環境トップが軒並み改訂に引っかかるとは思っていなかったのでちょっと驚きでもあります。




さて、次は緩和されたカードを見てみましょう。

今回緩和されたカードで特に大きなモノは次の三つ。

ミラフォ準制限

月読命の制限帰還

ロックパーツの規制解除


ミラフォについては環境的に採用もされたませんでしたしそれゆえの緩和なんでしょうがあまり楽観はできません。1枚で複数のカードを処理できる可能性を有しておりかつ現環境でも警戒されていた激流葬は据え置きの準制限。

正直、スロットの関係もあって全採用は難しいかもしれませんが虫が消えた分、攻撃反応にも目を向けるようになるプレイヤーが増えると考えると迂闊に縦でモンスターを並べるとリカバリーできなくなる危険性も・・・

警戒すべきカードが増えるのはプレイングも見直さなければならないので対応力が問われますね。



次に月読命の緩和。

ずっと環境的に遅い遅いといれ緩和間近といわれていた月読命がついに帰ってきました。

しかし全盛期とはことなりヴェーラーなどの止めるカードも存在するためパワー自体はそこまで・・・
サイドの対応力を増やす、もしくはリバースモンスターのエンジンとしての採用が主になる所でしょうか。

攻撃が1100とダムドを戦闘破壊できたりシエン裏側にしたりと活躍の機会はそこまで少なくはないでしょう。
採用が見込まれるなら防御1100ラインが重要になってくるかもしれません。



そして最後に。各種ロックパーツの緩和。

これは正直・・・・

帰ってこなくてよかった


サイクロン3大嵐1と確かに永続系が弱いと言われていた環境ではありましたがそれにしたってこれは・・・

セルフバウンスやエーリアンあたりには朗報でしょうしロックバーンにとっては単純に採用できる優秀なロックパーツが増えたことはデッキパワーの向上にもつながりますね。

環境デッキをメタるのも必要なことですがロックが増えるなら突破手段も講じておく必要がありそうです。


以上が緩和についてでした。


で、今回の改訂みて一番突っ込みたかったこと。

それは・・・・・

















魔界発現世行きデスガイド


魔界発現世行きデスガイド

魔界発現世行きデスガイド





デスガイド・・・いや確かにスクラップデス・デーモンのこともあってツアーガイドにかってにデスつけて散々遊んできましたよ?

でもだからって

デスガイド


もはや公式がネタにされてるのをみて故意にやってるとしか・・・


名前はさておきリボーンテングと同様に来日前に準制限になりました。
海外環境には詳しい訳ではありませんが海外で猛威を振るっていたのが考慮されたようですね。

そういった背景があるのでEXP発売直後の動向には注意したいところです。



またVJで改訂内容が確定した頃に今後の環境予想してみようと思います。

ではでは~
スポンサーサイト
日時場所:
2012年7月10日(火曜日)18時10分から漫画研究部活動場所にて(全試合消化し次第終了)

使用ゲームソフト:
ポケットモンスターBWおよびポケットモンスターBW2

対戦形式:
参加人数が少ない場合→総当たり戦
参加人数が多い場合→2チーム対抗戦

シングル6匹VS6匹

ポケモン厳選の有無による実力差を考慮し、厳選などを行なっているエキスパートクラスと努力値の分配や厳選を行なっていないカジュアルクラスにクラス分けして行います。

レギュレーション(追加ルール):
・使用禁止ポケモン
[エキスパート]
レシラム、ゼクロム、キュレム、ビクティニ、アルセウス、シェイミ、ダークライ、パルキア、ディアルガ、ギラティナ、マナフィ、デオキシス、ジラーチ、グラードン、カイオーガ、レックウザ、セレビィ、ホウオウ、ルギア、ミュウツー、ミュウ

[カジュアル]
上記のポケモンに加えてサンダー、ファイヤー、フリーザー、スイクン、エンテイ、ライコウ、レジスチル、レジロック、レジアイス、レジギガス、ラティアス、ラティオス、ユクシー、アグノム、エムリット、ヒードラン、クレセリア、コバルオン、ビリジオン、テラキオン、トルネロス、ボルトロス、ランドロス、バンギラス、カイリュー(特性がマルチスケイルの個体のみ)、Nのポケモン(BW2で手に入る特殊なポケモンのこと)

・使用禁止アイテム
[エキスパート]
こころのしずく

[カジュアル]
リュガ、カムラ、チイラ、ヤタピ、ズアの実

その他:
ポケモンのレベルは全て自動で統一されるため、ポケモンをやりこみ切れてなくても安心してご参加いただけます。

あくまでも漫研の交流イベントとして開催しています。揉め事を引き起こさないようお願いします。また、せっかくの機会ですので参加できそうな方はできるだけ参加していただけると幸いです。

※メールにて参加受付を行なっていますが当日飛び込み参加も可能です。

BW2でも参加できますがその際、ボルトロス、トルネロス、ランドロスの霊獣フォルムは使用しないようにしてください。霊獣フォルムは3DSのARサーチャーでのみしか出現しませんので通常のストーリー中で入手したこれらのポケモンは問題なく使用できます。

・賞品
ぬいぐるみ、フィギュアなどを用意していますが参加者が少なかった場合は学祭打ち上げ時のビンゴ大会の賞品になります。あらかじめご了承ください。

・賞について
最多勝利賞(MVP)、ネタパーティ賞、面白ニックネーム賞






・最後に
みんなで楽しく開催できたらな、と思っています。バトルしようZE!!
【モンスター25】
ジェムナイト・ガネット3
ジェムナイト・ルマリン3
ジェムナイト・アンバー3
ジェムナイト・オブシディア3
ジェムナイト・ラズリー2
ジェムレシス3
レスキュー・ラビット3
ライトロード ハンター・ライコウ2
ライトロード マジシャン・ライラ1
フォトン・スラッシャー2

【魔法10】
ジェムナイト・フュージョン3
死者蘇生1
大嵐1
強欲で謙虚な壺2
サイクロン2
光の援軍1

【罠5】
鳳翼の爆風2
神の警告2
激流葬1

【エキストラ15】
ラヴァルバル・チェイン1
ダイガスタ・エメラル1
ジェムナイト・パール1
No.39希望皇ホープ1
No.16色の支配者ショックルーラー1
ヴェルズ・ウロボロス1
No.11ビックアイ1
ジェムナイト・セラフィ1
ジェムナイト・ルビーズ1
ジェムナイト・マディラ1
ジェムナイト・プリズムオーラ3
ジェムナイト・ジルコニア2



うさぎジェムをアンバーデュアルに特化した構築にしてみました。

ライトロードが入っていますが基本的にこれはセラフィアンバーデュアルから一気に動く時の融合素材、及び奈落処理班、オピオン処理を目的としているため墓地肥やしはおまけ程度に考えて動いていきます。

というかラビットが入ってる関係上墓地に落とすとラビットが腐る危険性が高まるので後半戦は基本的にハンドに構えてセラフィの融合タイミングを伺っていきます。

またフォトンスラッシャーはオピオン下でも出せる☆4モンスターで通常召喚権とあわせてパールからオピオン突破がねらえます。そしてフォトンスラッシャーの最も大きい役割「先攻ショックルーラー」と「先攻ラヴァルバル・チェイン」


ハンドにスラッシャー、レスキュー・ラビットがあれば先行でショックルーラーが立てれるため、戦線を有利に運ぶことができます。
また、うさぎジェムの特徴であるラヴァルバル・チェインからのジェムナイト・フュージョンサーチをスラッシャーと☆4ジェムでも行うことができるため初手ジェムナイト・フュージョンの安定性が増します。

まだサイドは調整中ですが大会でヴェルズにオピオンを立てられつつも×〇〇で勝利できたので方向性としては間違っていないと思っています。

次の大会の結果を受けてまた調整した奴をあげたいと思います。
【デッキ40枚】


[モンスター19]
イビリチュア・リヴァイアニマ3
イビリチュア・ソウルオーガ3
リチュア・アビス3
シャドウ・リチュア3
ヴィジョン・リチュア3
リチュア・ビースト2
リチュア・エリアル2

[魔法15]
サルベージ3
トレード・イン3
リチュアの儀水鏡2
サイクロン2
貪欲な壺1
死者蘇生1
大嵐1
ブラック・ホール1
浮上1

[罠6]
奈落の落とし穴2
王宮のお触れ2
激流葬1
神の宣告1


ハンデスを行うリチュアとちがってアニマの攻撃宣言でアドをとっていくためアドの確保はしにくいです。
しかし、あちらのリチュアとは異なり、戦闘でのアドの確保が可能であり、サルベージがあるとヴィジョンシャドウ回収からアニマが2体は並ぶのでアニマの「ドライブトリガーチェック!」が決まると一気に膨大なアド差をつけれたりします。

トレード・インにより儀水鏡で手札に戻した☆8儀式リチュアもハンドに変換できるためハンドに儀式モンスターを溜め込んでしまう危険性も比較的少なく、それなりに安定したビートダウンが可能です。


まだプロキシ入りですがトレ品が届き次第完成させたいです・・




これから所持してるデッキについて不定期にデッキ考察していこうかなと思い立ってまずは遊戯王再開当初から愛用してるドラグニティを考察したいと思います。

シィラ式ドラグニティ

【デッキ40枚】

[モンスター15枚]
ドラグニティードゥクス3
ドラグニティーレギオン3
ドラグニティーファランクス3
ドラグニティーアキュリス2
BFー精鋭のゼピュロス2
コアキメイル・ドラゴ2

[魔法17]
竜の渓谷3
テラ・フォーミング3
禁じられた聖槍2
強欲で謙虚な壺2
調和の宝札2
サイクロン2
死者蘇生1
大嵐1

[罠8]
奈落の落とし穴2
神の警告2
激流葬1
聖なるバリアーミラーフォース1
神の宣告1
リビングデッドの呼び声1


【エキストラデッキ15枚】
A・O・J カタストル1
TG ハイパー・ライブラリアン1
氷結界の龍 ブリューナク1
ドラグニティナイトーヴァジュランダ3
ドラグニティナイトーガジャルグ1
ブラック・ローズ・ドラゴン1
メンタルスフィア・デーモン1
スターダスト・ドラゴン2
クリムゾン・ブレーダー1
スクラップ・ドラゴン1
氷結界の龍 トリシューラ1
トライデント・ドラギオン1


【サイドデッキ15枚】
D.D.クロウ2
コアキメイル・ドラゴ1
王宮の鉄壁3
サイクロン1
暗闇を吸い込むマジックミラー2
スノーマンイーター2
禁止令2
王宮のお触れ2



まずメインから

メインで目を引くと思われるのはゼピュロス2という所でしょうか。
これは前環境の時からしている構築なんですがゼピュロス1だとトリシューラにつなげるのにガジャルグから落とすしかない場合が多く、ガジャルグを立てる余裕がないときにトリシューラを出したい時、ハンドからゼピュロスを切っている必要があるためゼピュロスを2にしています。
また、先攻でスターダストを極力立てたいドラグニティとしてはゼピュロスを渓谷コストで切ってファランクスサーチ、ゼピュロス効果コストで渓谷を手札に戻してゼピュロスSS、渓谷を再発動してファランクスを切ってドゥクスをサーチすれば先攻スターダストを立てれる確率が上がり、安定して動けるようになる、というのも大きいです。ゼピュロスが腐らないか心配そうにみえますが、渓谷のコストに出来ますしガジゃルグで切ってしまったりも出来るのでそこまで困ることはないです。

次にメインからのコアキメイル・ドラゴ投入について
これは環境に暗黒界や代行といった光闇属性のデッキが多いのが投入の理由としてあげられますが、先攻で強欲謙虚を発動したときに先攻で立てておくモンスターとして環境的に有用だった、というのが大きいです。また、相手が光闇出なかった場合にはサイドのクロウやスノーマンと入れ替えれば二戦目以降で邪魔になることもないです。


では、エキストラについて。
これは特に別段変わってるところはないんですが強いて言うならスターダストが2いる所でしょうか。これはいわば戦闘破壊や幽閉でスターダストが居なくなってしまった時のための保険です。決してスタダウルとホロを両方使いたいからとかではないで(ry


で、最後にサイド考察です。
このサイドを見てお気づきの方もおられるかもしれませんが永続系のカードが非常に多いです。理由としてはただ一点、“伏せ”を割るカードが環境に出てきたから、です。

暗黒界の雷やラヴァルの淑女は伏せられたままのカードを破壊します。つまりチェーンして発動された永続罠に対しては無力であり、渓谷に対してサイクロンを打ちたい相手からすると永続罠魔法が非常に邪魔くさくなります。バックを維持しながら戦うドラグニティにとってこれらのデッキの伏せ除去はかなりの驚異です。そのため割られにくいバックを作り、アドの損失を防ごう、という訳です。

また、今期の禁止令は非常にいい働きをしてくれるというのも採用の理由です。

例えば相手が代行だとして、前半戦であればアースヴィーナスサーチをみてからのヴィーナス宣言でヴィーナス3枚、球3枚の合計6枚を制限することができます。また、後半戦、サイクロンがなくなったあとの代行は除去手段がヒュペリオンに依存するのでヒュペリオン宣言で間接的にバックや渓谷を守ることができ、余計なアドの損出を防ぐことができます。

基本的にアドバンテージを稼げないドラグニティにとってはこれが非常に有益に働くことが多く、対応の幅が広いため普段見ないような特殊なデッキとあたったときも多少の対応ができるようになります。


とまぁ、ここまで考察してきましたがドラグニティ勢のみなさんからしたらいろいろ文句言われそうな構築ですね(((


しばらく大会でれていないので勝率についてはなんとも言えませんが、身内やフリーでの勝率は上々だったので近いうちに大会レポをうpすると思います。


大会前にはジェムナイト考察したかったけど・・・無理かも

ではまた ノシ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。